脳神経内科 - 診療科のご案内

海外研修レポート

 国立病院機構の海外研修制度を利用して2014年9月22日から11月8日までの7週間、米国カルフォルニア州ロサンゼルスにある退役軍人健康庁(VA)の病院(WLAVA)へ研修に行って来ました。行くまでの間はちょっとバタバタでした。院長から行ってみないかというお話をいただいたのが少しあやふやですが2013年春頃だったと思います。応募しますと直ぐに返事をして、院長からは事務に伝えておくからということだったものの、その後は日々の業務に追われて忘れかけていました。そんな中、書類の締切が今月一杯だから急いで出してくれという話を10月の終わりに聞いて、慌てて応募書類を2,3日で作って応募しました。さらに2014年度分からTOEICやTOEFLの成績は必須ではなくなっていたので受験も不要かと思っていたら、やっぱり受験が必要だと11月に聞かされて12月に慌てて受験するという本当にギリギリの応募でした。幸いTOEICの点数は2013年度までの基準を上回ることができ、年が明けて2014年3月に東京の機構本部での面接を経て無事に留学が決定しました。出発の前にもバタバタしていましたが、それは今回の研修とは直接関係ない話なので別の機会に。

 そんな感じで初のアメリカ行きとなりました。海外での比較的長めの滞在は学生時代以来で不安もあるものの期待が優っていました。現地ではNHOが用意しているアパートでの一人暮らしでしたが、やはりアメリカはアパートの部屋も広く、プールやジムもついていて快適に過ごすことができました。

肝心の研修ですが、7週間のうち神経内科を4週間、放射線科の神経グループを2週間、リハビリテーション科を1週間で回ってきました。VAは健康保険制度が日本とは異なる上、軍属向けということで米国内でもやや特殊な位置付けの病院です。現在の米国では病院はそれ自体で独立しているものは少なく、病院を中心に診療所、在宅看護、外来もしくは在宅リハビリを提供するステーション(日本での訪問看護ステーションのようなもの)などを統合しヘルスケアシステムという組織で動いているところが多くなっています。VAも同様でロサンゼルス地域の中心は私が研修した病院でしたが、各地に診療所や規模の小さい病院があり連携して動いていました。VAは米国でも代表的な臨床研修病院群であり、教育が非常に盛んに行われていました。WLAVAの神経内科には常勤医は10名程度ですが、非常勤の指導医が別に10名程度、フェロー(日本の卒後10年程度)が10名程度、研修医が5名程度(神経内科、精神科の研修医で1~2ヶ月でローテートする)が所属していました。また、隣にカルフォルニア大学ロサンゼルス校(ULCA)があり医師は両方に所属し研究と診療が高いレベルで両立されていたのが印象的でした。UCLAではレクチャーが週に1~2回、昼休みに主に研修医とフェロー向けに行われていました。WLAVAでも週に一度医師やコメディカルが担当するレクチャーがあり、研修医も担当し発表しているのが印象的でした。さらに研修中の医学生も朝や昼の簡単なレクチャーで発表する機会が与えられプレゼンテーションの訓練が行われていました。外来・入院とも患者さんは研修医が最初に診察し方針を決めます。次に指導医へのプレゼンテーションとディスカッションをしたうえで診断と治療方針が決定されます。その後は指導医が必ず診察したうえで患者への説明も行い方針が最終決定されるシステムとなっていました。時間はかかりますが、現場でも教育を重視しつつ正しい判断がなされるようになっていました。医師以外のパラメディカルもそれぞれのプロフェッショナルとして働いており、医師の仕事量は日本と比べて少ない印象でした。

 全体を通して、病気の診断や治療については日本と大きく変わる部分はありませんが、①医療としては入院期間が非常に短いことや病院や診療所の役割分担がはっきりしていること、②WLAVAとUCLAがほぼ一体となって運用され、臨床教育が盛んに行われていることの2点が非常に印象的でした。当院でも医学生や研修医がいますので、より良い教育ができるように工夫したいと考えています。

海外研修
ページ最上部へ