栄養管理室 - 各部門のご案内

栄養管理室

栄養管理室は、治療の一翼を担う部門として、食事提供と栄養食事指導、チーム医療に参画し栄養サポート活動を行っています。

入院中の食事

入院中の食事は、医師の指示により年齢・病態・病状などを考慮して決められています。病院食には「一般食」と「特別治療食」があります。一般食には、特別な制限のない常食と全粥食、易消化段階食の軟菜食・分粥食・流動食があります。特別治療食は、制限のある食事で、病態に応じ、カロリー制限、タンパク制限、脂質制限、塩分制限などに対応した食事です。また、十分にかむことが難しい、飲み込むことに支障があるときには、それらに考慮した形態で食事を提供しています。
アレルギーや体調などの理由で、食べられない食品がある、食事がすすまない、食べにくいなどの相談がありましたら、病棟を回っている管理栄養士にお気軽にお声かけください。

栄養食事指導

 栄養食事指導は、管理栄養士が医師の指示により行っています。入院・外来の患者さんとご家族を対象に、糖尿病、脂質異常症、高血圧症、腎臓病、肝臓病、嚥下調整食、消化器手術後などの食事療法について、個人指導を行っています。また、集団指導も行っています。
栄養食事指導は、平日に行っていますので、ご希望の方は主治医にご相談ください。
集団指導では、糖尿病教室は月2回を予定しています。また、COPD教室やパーキンソン病教室、がん患者家族サロンでも定期的にお食事についてのお話をしています。
詳しい日程につきましては、ホームページ内「教室のご案内」欄をご覧ください。

チーム医療への参画

チーム医療では、栄養サポートチーム(NST)、透析予防診療チーム、褥瘡対策チーム、3疾患センター、病棟回診などの各チーム医療に参画し、栄養サポート活動を行っています。
また、市民公開講座等のイベント時には栄養相談を行っています。

ページ最上部へ