外来 - 看護単位の紹介 - 看護部 - 各部門のご案内

看護部

看護部 - 看護単位の紹介

外来

看護師長:武部 幸恵

外来

外来は、呼吸器内科、脳神経内科、消化器内科、外科、循環器内科、総合内科(訪問診療)、小児科(一般、神経発達)、放射線科の診療科と師長を含め22名の看護スタッフ、7名のクラークで行っております。診察室は内科系1〜12、外科・小児・放射線と各ブースに分かれております。他に内視鏡センターと透析センター、化学療法室、2次救急受け入れの救急外来も行っております。専門3疾患センターでは、糖尿病・リウマチセンター、パーキンソン病センター、COPD(慢性閉塞性肺疾患)センターを行っており、各センターでは病棟と一緒に疾患教室を月1回開催しております。また、数は少ないですが患者さんらしい生活ができるようにと訪問診療も行っております。
外来では限られた時間での患者さまとの関わりを大切に、分かりやすい言葉で説明し、安全で安心な医療を提供できるように日々頑張っております。私たち外来スタッフは持ち前の笑顔とやさしさとパワフルさで患者さまをサポートさせていただきますのでよろしくお願いいたします。
ただ、外来ではどうしても時間通りに進まずお待たせすることが多々あります。診療や治療でお待たせする時間が少しでも短縮できるように努力しておりますが、救急車や急変等のために時間が遅れたり、順番が変更になる可能性があります。バタバタしているかもしれませんが、何か気が付くことがあれば気軽に声をかけていただきたいと思います。
平成31年秋には外来新棟が完成される予定です。それまでは工事等で落ち着きませんが、私たちスタッフもパワーアップして頑張っていきますのでよろしくお願いいたします。

ページ最上部へ