バリアフリー情報 - 病院のご案内

平成28年度 独立行政法人国立病院機構旭川医療センター病院指標

各項目に関する集計条件および集計方法は、厚生労働省の指示のもと行われております。
DPCデータを使用し、以下の項目を算出いたしました。

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 0 24 73 89 127 334 942 1288 893 160
当院は旭川市をはじめとする上川中部医療圏を中心とする地域からの患者さんが圧倒的に多い地域に密着している病院です。
高齢化や当院の診療科の関係で60歳以上の比率が高く、全体の約84%を占めています。
年齢別に傷病の患者数を見てみますと、10代、20代では気胸が多く、30代、40代では神経系疾患、呼吸器系疾患、消化器系疾患等多岐に渡ります。50代では肺の悪性腫瘍、パーキンソン病、脊髄小脳変性症が多くなります。60代は肺がんを中心とする悪性腫瘍が最も多く、神経系疾患、肺炎の増加が目立つようになります。70代になると悪性腫瘍のほかに、パーキンソン病、COPD、肺炎が特に増加します。80代以上になると誤嚥性肺炎、認知症も目立ってきます。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 252 13.60 12.35 0.00% 68.74
040040xx9908xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-8あり 169 8.50 12.01 0.00% 68.07
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 92 31.01 19.92 4.35% 76.44
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 78 6.41 3.68 6.41% 72.31
040040xx9905xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-5あり 74 16.54 19.24 0.00% 70.51
呼吸器内科での上位5疾患のうち4疾患が肺の悪性腫瘍で占められています。特に化学療法(抗がん剤)ありの分類が多く上位を占めています。いずれも70歳前後の比較的若い年齢構成となっています。3番目に多い間質性肺炎の平均年齢は70歳以上と高い傾向で、平均在院日数も長くなっています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 17 19.29 17.95 11.76% 85.76
050130xx99020x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-2あり 副傷病なし 16 18.94 25.02 6.25% 85.56
050070xx99000x 頻脈性不整脈 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 7.82 - -
050050xx99000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 6.75 - -
050030xx9903xx 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-3あり - - 20.52 - -
循環器内科では心不全の患者さんが最も多くなっています。平均年齢は86歳で高齢の患者さんが占めています。 尚、第3位から第5位は患者数が10人未満のため「-」となっております。
脳神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010160xx99x10x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2あり 副傷病なし 153 14.86 21.15 2.61% 73.92
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 119 15.86 18.71 3.36% 73.70
010110xxxxx40x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 44 13.98 18.04 2.27% 64.95
010170xx99x10x 基底核等の変性疾患 手術なし 手術・処置等2あり 副傷病なし 42 14.05 17.57 2.44% 71.56
010155xxxxx2xx 運動ニューロン疾患等 手術・処置等2-2あり 38 11.76 17.80 0.00% 69.97
脳神経内科では、パーキンソン病の患者さんが最も多くなっており上位を占めております。平均年齢も70歳以上と高齢で退院後、リハビリテーション等を行うこと から他の療養型病院等への転院率が高くなっています。3番目の症例は、免疫介在性・炎症性ニューロパチー(慢性炎症性脱随性多発神経炎等)ガンマグロブリンを使用している症例です。基底核等の変性疾患(主に脊髄小脳変性症)、運動ニューロン疾患(筋萎縮性側索硬化症)と続きます。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 36 11.11 11.06 8.33% 80.56
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 手術なし 35 2.83 3.00 0.00% 77.51
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 26 6.77 7.44 3.85% 68.04
060050xx99x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 21 11.29 10.33 4.76% 79.14
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 21 5.29 5.50 0.00% 55.14
消化器内科では胆管(肝内外)結石、胆管炎限局性腹腔膿瘍手術等ありが1番多くなっております。これは、内視鏡で胆道結石を除去したものです。2番目は小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。)で一般的にはポリープのことです。3番目は食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患)となり、消化管出血、胃炎、大腸炎が多い傾向です。以下、肝・肝内胆管の悪性腫瘍(肝細胞癌、肝内胆管癌等)、ウィルス性腸炎(感染性腸炎、急性胃腸炎)と続きます。ウィルス性腸炎については若い年代も多く罹患し、幅広い年齢層となっている。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 56 16.00 12.73 1.79% 70.65
040200xx99x00x 気胸 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 23 10.17 9.14 0.00% 54.57
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 21 10.90 7.61 0.00% 67.62
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 19 15.11 10.09 0.00% 42.06
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 13 8.92 6.82 0.00% 63.38
外科では肺の悪性腫瘍(手術あり)が最も件数が多く、肺の悪性腫瘍は当院の扱っている症例で最も多い症例でもあります。肺の悪性腫瘍は全国的にも北海道は罹患率が非常に高い疾患となっています。以下、気胸と胆嚢疾患が上位を2分しています。
2番目と4番目は気胸で若い年代が多く、8割以上が男性の患者さんです。
3番目は手術を施行した胆嚢水腫、胆嚢炎等腹腔鏡下胆嚢摘出術等ありになり、腹腔鏡を使用しているので在院日数は短くなっています。
5番目は手術を施行した胆石症で、3番目の疾患同様腹腔鏡を使用しているので在院日数は短くなっています。
総合内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060300xx99x00x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 19 20.21 13.50 0.00% 78.68
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし - - 11.74 - -
060370xx99x00x 腹膜炎、腹腔内膿瘍(女性器臓器を除く。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 12.75 - -
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 10.93 - -
060190xx99x0xx 虚血性腸炎 手術なし 手術・処置等2なし - - 9.19 - -
総合内科では肝硬変が最も多くなっています。尚、第2位から第5位は患者数が10人未満のため「-」となっております。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 18 12 6 3 6 11 1 7
大腸癌 14 23 30 10 9 32 2 7
乳癌 6 3 3 1 1 11 1 7
肺癌 75 27 272 193 18 418 1 7
肝癌 4 3 2 5 1 14 2 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院での初発の5大癌症例をUICC病期分類並びに再発の患者数を示しています。StageⅠが進行度が低く、StageⅣが最も進行している状態を示しています。 StageⅢ、StageⅣの進行度が高いものほど再発する率が高い傾向です。当院は圧倒的に肺癌が多く、5大癌全体の80%以上を占めています。当院は特に、化学療法(抗がん剤)を多く取り入れております。患者数は延べ患者数です。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 19 11.32 41.11
中等症 82 16.24 77.65
重症 34 77.00 78.29
超重症 6 17.17 83.00
不明 0 0 0
成人の市中肺炎の重症度と平均在院日数、平均年齢を示しています。特に重症の平均在院日数が長いです。
軽症については、比較的若年者の細菌性肺炎が多く、中等症は40代~70代まで多岐に渡り、インフルエンザ肺炎も見られ、重症、超重症になると70代以上の高齢者が多く、前述の肺炎のほかMRSA肺炎、肺炎球菌肺炎等多種の肺炎が散見します。

脳梗塞のICD10別患者数等

ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 58 15.39 76.00 30.51
その他 10 10.67 71.22 11.11
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
当院での脳梗塞の病型は「脳梗塞:I63$」です。脳梗塞とは、脳に栄養を送る動脈が細くなったり詰まったりし、脳に十分な血液が供給されない状態をいいます。
脳が損傷を受け後遺症が残る場合も多く、リハビリテーション等長期の療養が必要なこともあり転院率も高く、約30%の患者さんが後方支援病院に転院されています。 尚、「-」の症例は10人未満です。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード
呼吸器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 16 3.94 11.64 0.00 70.13
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) - - - - -
K0062 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3㎝以上,6㎝未満) - - - - -
抗がん剤を静脈へ持続的に注入させるためのカテーテル(CVポート)を設置する手術が最も多くなっています。平均術後日数が11.64日と長くなっておりますが、術後最短3日から最長28日までさまざまな患者さんが入院しています。短い患者さんは単にCVポート設置目的で入院し、次回以降の入院で化学療法を行います。又、長い患者さんはCVポート設置後退院せずにそのまま化学療法を行っています。尚、第2位から第5位は患者数が10人未満のため「-」となっております。
脳神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K190-5 重症痙性麻痺治療薬髄腔内持続注入用植込型ポンプ薬剤再充填 30 2.67 4.10 0.00 64.73
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) - - - - -
K502-4 拡大胸腺摘出術 - - - - -
K653-3 内視鏡的食道及び胃内異物摘出術 - - - - -
重症頸椎麻痺治療のための治療薬髄腔内持続注入用植込型ポンプ薬剤再充填が最も多くなっております。2番目の胃瘻増設術は、長期療養している神経疾患等が主の患者さんに対して行うことが多いです。3番目の拡大胸腺摘出術は、重症筋無力症胸腺腫のために行います。尚、第2位から第4位は患者数が10人未満のため「-」となっております。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 82 2.07 1.90 0.00 70.57
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 22 7.50 10.68 0.00 77.95
K654 内視鏡的消化管止血術 20 2.95 14.95 20.00 77.70
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 17 15.71 17.76 23.53 71.65
K6851 内視鏡的胆道結石除去術(胆道砕石術を伴うもの) 14 3.43 8.00 14.29 84.36
大腸ポリープや大腸腺腫等に対する内視鏡的ポリープ・粘膜切除術を最も多く行っております。内視鏡での手術なので術前・術後日数は短くなっています。胆石や胆道疾患に行われる手術、胃潰瘍、十二指腸潰瘍等の出血を止める内視鏡的消化管止血術、抗がん剤を静脈へ持続的に注入させるためのカテーテル(CVポート)を設置する手術も多くなっております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 40 4.08 8.55 0.00 68.30
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 27 2.19 13.48 3.70 69.74
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの)) 22 7.00 8.45 0.00 46.23
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 17 2.88 10.06 0.00 70.18
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 16 1.06 4.63 0.00 70.69
腹腔鏡下胆嚢摘出術が最も多くなっております。腹部に穴をあけて、カメラで観察しながら胆嚢を摘出します。術後の痛みが少なく入院期間が短く、また傷が小さくて済みます。主に、胆嚢炎、胆石症の患者さんが多いです。当院は肺の悪性腫瘍の件数が多い関係もあり、胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術の件数が多くなっております。前出の5大癌病期分類にもありますが、当院の肺癌は進行度が高いものが多く、それに伴い術後日数も長い傾向にあります。3番目の胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術)(楔状部分切除によるもの))で、病名は全て気胸です。5番目のヘルニア手術は比較的年齢が高い患者さんが多くなっております。
総合内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 10 0.90 1.70 0.00 63.60
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) - - - - -
K682-2 経皮的胆管ドレナージ術 - - - - -
K6872 内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴うもの) - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
大腸ポリープや大腸腺腫等に対する内視鏡的ポリープ・粘膜切除術を最も多く行っております。内視鏡での手術なので術前・術後日数は短くなっています。第2位から第5位は患者数が10人未満のため「-」となっております。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
この表の4つのコードは、不適切なコーディングと指摘されやすいものですが、実際、多くのDPC対象病院が急性期医療をおこなっており、このコーディングとなる場合があります。
当院は、発生率は少なく全ての症例が10人未満で「-」となっています。
更新履歴
2017/09/14
平成29年度から導入された、機能評価係数2の保険診療指数における「病院情報の公表」に係る病院情報の集計条件等について、厚生労働省保険局医療課指定の病院指標公開ページ作成ツールを使用して公開。
ページ最上部へ