概要 - 病院のご案内

当院の役割

呼吸器疾患(結核を含む)の北海道ブロックの基幹医療施設となった。呼吸器疾患(結核を含む)を対象として、北海道ブロックの中心機関であり、必要に応じてナショナルセンターの国立病院機構近畿中央胸部疾患センターとの連携の下に、高度先駆的医療の普及等を図るための診療はもとより、臨床研究、教育研修、情報発信の機能を備えた施設である。

神経・筋疾患の北海道ブロックの専門医療施設となった。神経・筋疾患を対象として、必要に応じてナショナルセンターの国立精神・神経センターや基幹医療施設である国立病院機構医療センターとの連携の下に専門医療を提供し、教育研修、情報発信の機能を備えた施設である。

北海道ブロックにおけるエイズ拠点病院、とくに呼吸器疾患(結核も含む)を中心としたエイズ治療を行う体制を備えた施設である。

学会認定施設として多数の認定を受けております。

日本内科学会教育関連施設、日本呼吸器学会認定施設、日本呼吸器内視鏡学会認定施設、日本神経学会認定施設、日本外科学会専門医制度関連施設、日本呼吸器外科学会指導医制度関連施設、日本消化器病学会関連施設、日本病理学会登録施設、日本臨床細胞学会認定施設、プライマリーケア学会認定施設、日本臨床腫瘍学会認定施設、日本アレルギー学会準教育施設、日本循環器学会指定循環器専門医研修関連施設、日本リウマチ学会教育施設、放射線科専門医修練機関、日本肝臓学会認定施設

診療科目

内科、呼吸器内科、脳神経内科、消化器内科、糖尿病・代謝内科、循環器内科、リウマチ科、小児科、外科、呼吸器外科、消化器外科、乳腺外科、リハビリテーション科、放射線科、臨床検査科、病理診断科、麻酔科の17科

病床数(医療法承認)

全310床で6病棟単位、一般病床は310床(筋ジス療養病棟50床,結核病床20床を含む)

診療機能

平成11年3月に、ナショナルセンター等を頂点とする全国的な政策医療ネットワークの構築。

研究機能

臨床研究部が平成11年10月に設置され、肺結核、肺がん、呼吸不全などの呼吸器疾患、筋ジストロフィーなどの神経・筋疾患へのレベルの高い臨床研究を展開し、患者さんに還元できる仕事をするような機能を備えた施設である。

ページ最上部へ